画像説明

         

gyouseisyosi    ryouko‐osamu  office

福岡市中央区黒門8番13号‐501  TEL:092(725)8231        



福岡県行政書士会所属
行政書士 良子修
      (ryouko osamu)















 外国人のビザサポート

 帰化許可手続き

 遺言書作成・相続手続き

 夫婦間・男女間の問題

 ペット・動物法務

 著作権の手続き

 民事予防法務

  ・内容証明
  ・契約書
  ・示談書
  ・公正証書
 
 行政官公署への手続き

  ・古物商
  ・車庫証明
  ・会社設立、変更
  ・NPO設立
  ・動物取扱業
  ・その他、許認可申請



 日本行政書士連合会

 福岡県行政書士会

 日本公証人連合会
 
 国民生活センター

 外務省




行政書士 良子行政法務事務所
092-725-8231

お急ぎの方は、携帯電話にご連
絡ください。
090-7399-9301


 24時間専用メール







<ビザ関係業務>

就労資格証明書

在留資格認定証明書

在留資格取得許可申請

在留資格変更許可申請

在留期間更新許可申請

資格外活動許可申請

再入国許可申請

在留特別許可

上陸特別許可

在留資格取消制度

出国命令

退去強制(国外追放)

罰則規定

国際結婚について

老親のビザ

医寮滞在ビザ

高度専門職

ワーキング・ホリデー、
インターンシップ



官公署(各省庁、都道府県、市・区役所・町・村役場、警察署等)に提出する書類の作成・提出代理及び相談をお受けしています。

◆「権利義務に関する書類」の作成、代理、相談業務
◆「事実証明に関する書類」の作成、代理、相談業務

【営業日】   月曜日から金曜日 (土曜・日曜、祭日、GW、年末・年始は休業)
【営業時間】  午前9時から午後6時

「ご相談、業務ご依頼」の面談は、予約制となっています。 恐れ入りますが事前に電話  092-725-8231又はメールでご予約ください。
なお、土曜・日曜、祭日、午後6時以降の面談もお受け致しますので、事前にご予約ください。
お急ぎの方は090-7399-9301におかけください。


行政書士は、業務上知り得た事柄については、法律で守秘義務があります。どうぞご安心してご相談・ご依頼ください。



  

国際業務専門の行政書士良子修事務所です。

外国人の方の日本入国・日本在留(留学、就職、転職、会社経営、転勤、国際結婚、家族
滞在、特定活動、定住、永住、短期滞在)ビザの入国管理局への申請手続き、相談などの
サポートを行ないます。

当事務所の営業区域は、福岡入国管理局の管轄区域(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、
大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)です。

ご依頼があれば、その他の地方入国管理局(札幌入管、仙台入管、東京入管、名古屋入管、
大阪入管、広島入管、高松入管)にも申請取次を行ないます。



■□ 外国人のビザサポート □■



日本に入国・在留をご希望の外国人の方は、申請人(外国人ご自身)またはその代理人等が日本の入国管理局に出向き、申請手続きをしなけ
ればなりません。在留資格の変更や期間の更新についても同様です。

申請取次行政書士は、申請人やその代理人(親族)、招へい機関(会社)などに代わって、申請書を地方入国管理局に提出することが認められ
ています。

当事務所代表行政書士良子修は、入管法施行規則の規定に基づき、法務省入国管理局に申請取次者の届出を行なっており、「在留審査関
係申請」及び「在留資格認定証明書交付申請」等の「申請取次者」の承認を受けています。



< 在留資格(ビザ)一覧 >

別表第1の1
外交公用、教授芸術宗教報道
別表第1の2
高度専門職経営・管理法律・会計医療研究教育技術・人文知識・国際業務企業内転勤興行
技能技能実習
別表第1の3
文化活動短期滞在
別表第1の4
留学研修家族滞在
別表第1の5
特定活動特定活動(長期医療滞在)
別表第2
永住者日本人の配偶者等永住者の配偶者等定住者






< 技能 > Skilled Labor 
                        


在留資格「技能」とは・・・

日本の公私の機関との契約に基づいて行う産業上の『特殊な分野』に属する熟練した技能を要する業務に従事する活動を行うための就労ビザ
です。

中華料理、韓国料理、イタリア料理、フランス料理、インド料理、タイ料理などの海外レストランの調理師(コック)、製菓技術者、ケーキ職人
(パティシエ)、ソムリエ、外国様式の建築物の建築技術者、毛皮・宝石・貴金属加工技術者、ペルシャ絨毯加工師、動物調教師、石油探査・
地熱開発技能者、パイロット、スポーツ指導者などが該当します。

在留期間は、5年・3年・1年または3月です。
上陸許可に関する法務省令基準の適用を受けます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【 基準省令 】

申請人が、次のいずれかに該当し、かつ日本人が従事する場合に受ける報酬と同等額以上の報酬を受けること。


1.調理師
料理の調理または食品の製造に係る技能で外国において考案され我が国において特殊なものを要する業務に従事する者で、次のいずれかに該当
するもの(第9号に掲げる者を除く。)

(イ) 当該技能について10年以上の実務経験(外国の教育機関において当該料理の調理または食品の製造に係る科目を専攻した期間を
含む。)を有する者

(ロ) 経済上の連携に関する日本とタイ国との間の協定附属書7第1部A第5節1(c)の規定の適用を受ける者



2.建築技術者
外国に特有の建築または土木にかかわる技能について10年(当該技能を要する業務に10年以上の実務経験を有する外国人の指導監督を受け
て従事する者は5年)以上の実務経験(外国の教育機関において当該建築または土木にかかわる科目を専攻した期間を含む。)を有する者で、
当該技能を要する業務に従事するもの。

・・・外国に特有の建築とは、ゴシック、バロック、ロマネスク方式や中国式、韓国式などの建築・土木に関する技術をいい、日本にない建築・土木に
関する技能をいいます。
輸入石材による「直接貼り付け工法」は「技能」に該当します。
ツーバイフォー工法による輸入住宅の建設に従事する目的の外国人建設技能者については、条件があえば「技能」に該当します。



3.外国製品の製造・修理
外国に特有の製品の製造または修理にかかる技能について10年以上の実務経験(外国の教育機関において当該製品の製造または修理にかかる
科目を専攻した期間を含む。)を有する者で、当該技能を要する業務に従事するもの。

・・・例えば、ペルシャじゅうたん、ヨーロッパ製のガラス製品、シューフィッターなど



4.宝石、貴金属、毛皮加工
宝石、貴金属または毛皮の加工にかかる技能について10年以上の実務経験(外国の教育機関において当該加工にかかる科目を専攻した期間を
含む。)を有する者で、当該技能を要する業務に従事するもの。



5.動物の調教
動物の調教にかかる技能について10年以上の実務経験(外国の教育機関において動物の調教にかかる科目を専攻した期間を含む。)を有する者
で、当該技能を要する業務に従事するもの。



6.石油、地熱等の掘削調査
石油探査のための海底掘削、地熱開発のための掘削または海底鉱物探査のための海底地質調査にかかる技能について10年以上の実務経験
(外国の教育機関において石油探査にための海底掘削、地熱開発のための掘削または海底鉱物探査のための海底地質調査にかかる科目を
専攻した期間を含む。)を有する者で、当該技能を要する業務に従事するもの。



7.パイロット
航空機の操縦にかかる技能について1000時間以上の飛行経歴を有する者で、航空法第2条17項に規定する航空運送事業の用に供する航空
機に乗り込んで操縦者としての業務に従事するもの。



8.スポーツの指導者
スポーツの指導にかかる技能について3年以上の実務経験(外国の教育機関において当該スポーツの指導にかかる科目を専攻した期間および
報酬を受けて当該スポーツに従事した期間を含む。)を有する者で、当該技能を要する業務に従事するものまたはスポーツの選手としてオリンピック
大会、世界選手権、その他の国際的な競技会に出場したことがある者で、当該スポーツの指導にかかる技能を要する業務に従事するもの。



9.ワイン鑑定等
ぶどう酒の品質の鑑定、評価および保持ならびにぶどう酒の提供(以下、「ワイン鑑定等」という)にかかる技能について5年以上の実務経験(外国
の教育機関においてワイン鑑定等にかかる科目を専攻した期間を含む。)を有する次のいずれかに該当する者で、当該技能を要する業務に従事す
るもの。

(イ) ワイン鑑定等にかかる技能に関する国際的な規模で開催される競技会(以下、「国際ソムリエコンクール」という)において優秀な成績を収め
たことがある者

(ロ) ワイン鑑定等にかかる技能に関して国(外国を含む。)もしくは地方公共団体(外国の地方公共団体を含む。)またはこれらに準ずる公私の
機関が認定する資格で法務大臣が告示をもって定めるものを有する


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「日本の公私の機関」とは・・・
政府の関係機関、地方公共団体の関係機関、公社、公団、公益法人、独立行政法人、外国法人の支店、会社、個人商店などをいいます。



「産業上の特殊な分野」とは・・・
外国に特有の産業分野のほか、日本の水準よりも外国の技能レベルが高い産業分野、日本において従事する技能者が少数しか存在しない産業
分野等が該当します。



「熟練した技能」とは・・・
個人が自己の経験の集積によって具有することとなった技能が熟達の域にある能力をいいます。



在留資格「技能」と在留資格「技術」との相違は、「技術」の在留資格をもって在留する者が学術上の素養を含め、学理上の理論を実際に応用し
た業務に従事するのに対し、「技能」の在留資格をもって在留する者は、個人が自己の経験の集積によって修得した技量を要する業務に従事すると
いう点で差異があります。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


<営業区域>
(福岡入国管理局管内):福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
(広島入国管理局管内):広島県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県
(高松入国管理局管内):香川県、愛媛県、徳島県、高知県
(大阪入国管理局管内):大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県
(名古屋入国管理局管内):愛知県、三重県、静岡県、岐阜県、福井県、富山県、石川県
(東京入国管理局管内):東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、新潟県
(仙台入国管理局管内):宮城県、福島県、山形県、秋田県、岩手県、青森県
(札幌入国管理局管内):北海道


<福岡入管局:支局、出張所管轄管轄管轄・分担区域>
北九州出張所(北九州入管局):福岡県、大分県
佐賀出張所(佐賀入管局):佐賀県、福岡県、長崎県
長崎出張所(長崎入管局):長崎県、佐賀県
対馬出張所(対馬入管局):長崎県
大分出張所(大分入管局):大分県、熊本県、宮崎県
熊本出張所(熊本入管局):熊本県、福岡県、大分県、宮崎県
宮崎出張所(宮崎入管局):宮崎県、鹿児島県
鹿児島出張所(鹿児島入管局):鹿児島県、熊本県、宮崎県
那覇支局(沖縄入管局):沖縄県
嘉手納出張所(嘉手納入管局):沖縄県
宮古島出張所(宮古島入管局):沖縄県宮古島市、宮古郡
石垣出張所(石垣島入管局):沖縄県石垣市、八重山郡

ご依頼があれば、日本全国の入国管理局に申請代行致します。