gyouseisyosi    ryouko‐osamu  office

福岡市中央区黒門8番13号‐501  TEL:092(725)8231        



福岡県行政書士会所属
行政書士 良子修
      (ryouko osamu)















 外国人のビザサポート

 帰化許可手続き

 遺言書作成・相続手続き

 夫婦間・男女間の問題

 ペット・動物法務

 著作権の手続き

 民事予防法務

  ・内容証明
  ・契約書
  ・示談書
  ・公正証書
 
 行政官公署への手続き

  ・古物商
  ・車庫証明
  ・会社設立、変更
  ・NPO設立
  ・動物取扱業
  ・その他、許認可申請



 日本行政書士連合会

 福岡県行政書士会

 日本公証人連合会
 
 国民生活センター

 外務省




行政書士 良子行政法務事務所
092-725-8231

お急ぎの方は、携帯電話にご連絡
ください。
090-7399-9301


 24時間専用メール







ペットの飼主責任

集合住宅でのペット飼養注意点

ペットに関する契約書

ペットへの遺言書

インターネット通信販売について

消費者契約法とは

改正動物愛護法について

動物販売時の購入者に対する事前説明義務について

動物取扱業者の登録について

動物取扱業登録申請

動物取扱業の登録に関する規定

動物取扱業者の記録台帳作成義務

動物取扱業者の広告等の表示
規制

動物取扱業者の登録申請事項の変更届出

特定外来生物について

特定動物(危険動物)の飼養許可申請について

動物の輸入届出制度

ワシントン条約とは

動物に関わる罰則規定



官公署(各省庁、都道府県、市・区役所・町・村役場、警察署等)に提出する書類の作成・提出代理及び相談をお受けしています。

◆「権利義務に関する書類」の作成、代理、相談業務
◆「事実証明に関する書類」の作成、代理、相談業務

【営業日】   月曜日から金曜日 (土曜・日曜、祭日、GW、年末・年始は休業)
【営業時間】  午前9時から午後6時

「ご相談、業務ご依頼」の面談は、予約制となっています。 恐れ入りますが事前に電話又はメールでご予約ください。
なお、土曜・日曜、祭日、午後6時以降の面談もお受け致しますので、事前にご予約ください。
お急ぎの方は、090-7399-9301におかけください。


行政書士は、業務上知り得た事柄については、法律で守秘義務があります。どうぞご安心してご相談・ご依頼ください。



   

■□ ペット動物法務支援事務所 □■

             ペット動物法務支援事務所TOPページ





< 改正動物愛護管理法について >



◆ 動物取扱業の適正化 (第10条〜第24条)

1.「 登録制 」の導入

@ 現行の届出制を登録制に移行し、悪質な業者について登録及び更新の拒否、登録の取消し及び業務停止の命令措置が設けられます。
 
A 登録動物取扱業者について氏名、登録番号等を記した標識の掲示が義務付けられます。


2.「 動物取扱責任者 」の選任及び研修の義務付け

@ 事業所ごとに「動物取扱責任者」の選任が義務付けられます。
 
A 「動物取扱責任者」に、都道府県知事等が行う研修の受講が義務付けられます。


3.動物取扱業の範囲の見直し

動物取扱業として、新たに、インターネットによる販売等の施設を持たない業が追加されます。
また、「動物との触れ合いの機会の提供」が含まれることが明確化されます。


4.生活環境の保全上の支障の防止
 
動物の管理方法等に関して、動物の健康と安全の確保に加えて、鳴き声等による迷惑防止や臭い等の生活環境の保全上の支障を防止するための基準の遵守が義務付けられます。




◆ 個体識別措置及び特定動物の飼養等規制の全国一律化 (第7条、第26条〜第33条) 

1.人の生命等に害を加えるおそれがあるとして政令で定める特定動物について、マイクロチップ等の個体識別措置が義務付けられます。
なお、その他の動物について、その所有者を明らかにするための措置(努力規定)の具体的内容を環境大臣が定めることとなります。
  

2.特定動物による危害等防止の徹底を図るため、その飼養又は保管について全国一律の規制
(許可制)が導入されます。(現行制度は、必要に応じた条例規制)




◆ 動物を科学上の利用に供する場合の配慮 (第41条)

動物を科学上の利用に供する場合に、「科学上の利用の目的を達することができる範囲において、できる限り動物を供する方法に代わり得るものを利用すること、できる限りその利用に供される動物の数を少なくすること等により動物を適切に利用することに配慮するものとする」が加えられます。
(現在は、「できる限りその動物に苦痛を与えない方法」と規定)

実験動物の福祉の向上を図り、配慮事項として「3Rの原則」が明記されます。
「3Rの原則」とは国際的に普及・定着している動物実験及び実験動物の福祉の基本理念です。
@動物の苦痛の軽減(Refinement)
A使用数の削減(Reduction)
B代替法の活用(Replacement)




◆ 学校等における動物愛護の普及啓発 (第3条)

動物の愛護と適正な飼養に関する普及啓発を推進するため、教育活動等が行われる場所の例示として、「学校、地域、家庭等」と明記されます。




◆ 動物由来感染症の予防 (第7条)

動物の所有者等の責務規定として、「動物に起因する感染性の疾病の予防のために必要な注意を払うよう努めること」が追加されます。




◆ 犬ねこの引取り業務の委託先 (第35条)

都道府県知事等が実施する犬又はねこの引取りについて、「動物の愛護を目的とする団体」が委託先になりうることが明記されます。




◆ 罰則 (第44条〜50条)

登録制への移行、特定動物の飼養等規制の全国一律化等に伴い設けられた措置に関し、必要に応じて罰則が設けられます。
愛護動物に対する虐待等について、罰金を30万円以下から50万円以下に強化されます。

動物の所有者は、動物由来感染症の予防のための注意を払うように努めなければならないなどの各種措置が盛り込まれています。




◆ 附則第9条

この改正法の施行後5年を目途として、必要に応じて所要の措置を講ずる旨の検討条項が設けられます。