gyouseisyosi    ryouko‐osamu  office

福岡市中央区黒門8番13号‐501  TEL:092(725)8231        



福岡県行政書士会所属
行政書士 良子修
      (ryouko osamu)















 外国人のビザサポート

 帰化許可手続き

 遺言書作成・相続手続き

 夫婦間・男女間の問題

 ペット・動物法務

 著作権の手続き

 民事予防法務

  ・内容証明
  ・契約書
  ・示談書
  ・公正証書
 
 行政官公署への手続き

  ・古物商
  ・車庫証明
  ・会社設立、変更
  ・NPO設立
  ・動物取扱業
  ・その他、許認可申請



 日本行政書士連合会

 福岡県行政書士会

 日本公証人連合会
 
 国民生活センター

 外務省




行政書士 良子行政法務事務所
092-725-8231

お急ぎの方は、携帯電話にご連絡
ください。
090-7399-9301


 24時間専用メール







ペットの飼主責任

集合住宅でのペット飼養注意点

ペットに関する契約書

ペットへの遺言書

インターネット通信販売について

消費者契約法とは

改正動物愛護法について

動物販売時の購入者に対する事前説明義務について

動物取扱業者の登録について

動物取扱業登録申請

動物取扱業の登録に関する規定

動物取扱業者の記録台帳作成義務

動物取扱業者の広告等の表示
規制

動物取扱業者の登録申請事項の変更届出

特定外来生物について

特定動物(危険動物)の飼養許可申請について

動物の輸入届出制度

ワシントン条約とは

動物に関わる罰則規定



官公署(各省庁、都道府県、市・区役所・町・村役場、警察署等)に提出する書類の作成・提出代理及び相談をお受けしています。

◆「権利義務に関する書類」の作成、代理、相談業務
◆「事実証明に関する書類」の作成、代理、相談業務

【営業日】   月曜日から金曜日 (土曜・日曜、祭日、GW、年末・年始は休業)
【営業時間】  午前9時から午後6時

「ご相談、業務ご依頼」の面談は、予約制となっています。 恐れ入りますが事前に電話又はメールでご予約ください。
なお、土曜・日曜、祭日、午後6時以降の面談もお受け致しますので、事前にご予約ください。
お急ぎの方は、090-7399-9301におかけください。


行政書士は、業務上知り得た事柄については、法律で守秘義務があります。どうぞご安心してご相談・ご依頼ください。



   

■□ ペット動物法務支援事務所 □■

             ペット動物法務支援事務所TOPページ





< 動物販売、貸出し時の事前説明 >


「動物取扱業登録申請」

「動物取扱業の具体例」 

「動物販売、貸出し時の事前説明」
  
「動物取扱業の登録について」

「申請書」、「職員」、「動物取扱責任者」の資格とは



◆ 事前説明について

動物販売業者(ペットショップ、ブリーダー、ネット販売等)や動物貸出し業者は、販売や貸出し契約に当って、あらかじめ、当該動物の特性や容態等の情報を顧客に対して、説明を行うことが義務付けられています。

販売に当っては、文書(電磁的記録を含む)を交付して説明を行なうとともに、顧客がその説明を受け、文書の交付を受けたという、署名等の確認を行うこととされています。
(動物の愛護及び管理に関する法律施行規則第8条4号、6号)

なお、この「事前説明」についての基準を遵守しない動物取扱業者は、都道府県知事による改善勧告、命令がなされ、それに反した場合は、30万円以下の罰金に処せられることがあります。
また、動物愛護管理法若しくはこの法律に基づく命令又はこの法律に基づく処分に違反したときは、登録の取消し、業務の停止等を課せられることがあります。



◆ 販売にあたっての「事前説明」の概略

@ 品種等の名称
A 性成熟時の標準体重、標準体長その他の体の大きさに係る情報
B 平均寿命その他の飼養期間に係る情報
C 飼養又は保管に適した飼養施設の構造及び規模
D 適切な給餌及び給水の方法
E 適切な運動及び休養の方法 
F 主な人と動物の共通感染症その他当該動物がかかる恐れの高い疾病の種類及びその予防方法
G 不妊又は去勢の措置の方法及びその費用(哺乳類に属する動物に限る)
H みだりな繁殖を制限するための措置(不妊若しくは去勢の措置を不可逆的な方法により実施している場合を除く)
I 遺棄の禁止その他当該動物に係る関係法令の規定による規制の内容
J 性別の判定結果
K 生年月日(輸入等をされた動物であって、生年月日が明らかでない場合にあっては、推定される生年月日及び輸入年月日等)
L 不妊又は去勢の措置の実施状況(哺乳類に属する動物に限る)
M 生産地等
N 所有者の氏名(自己の所有しない動物を販売しようとする場合に限る)
O 当該動物の病歴、ワクチンの接種状況等
P 当該動物の親及び同腹子に係る遺伝性疾患の発生状況(哺乳類に属する動物に限り、かつ、関係者からの聴取等によっても知ることが困難であるものを除く)
Q 当該動物の適正な飼養又は保管に必要な事項



◆ 事前事項を行うために必要とされる資格 事前説明を行う従業員は、下記のいづれかに該当していなければなりません。

(1)営もうとする動物取扱業の種別に係る半年以上の実務経験があること。

(2)営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術について1年以上教育する学校その他の教育機関を卒業していること。

(3)公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること。



◆ 台帳の作成 事前説明及び説明文書の交付の受領確認等の業務を記録するため、動物の愛護及び管理に関する法律施行規則で定められた様式の台帳を作成し、5年間保管することが義務付けられています。