gyouseisyosi    ryouko‐osamu  office

福岡市中央区黒門8番13号‐501  TEL:092(725)8231        



福岡県行政書士会所属
行政書士 良子修
      (ryouko osamu)















 外国人のビザサポート

 帰化許可手続き

 遺言書作成・相続手続き

 夫婦間・男女間の問題

 ペット・動物法務

 著作権の手続き

 民事予防法務

  ・内容証明
  ・契約書
  ・示談書
  ・公正証書
 
 行政官公署への手続き

  ・古物商
  ・車庫証明
  ・会社設立、変更
  ・NPO設立
  ・動物取扱業
  ・その他、許認可申請



 日本行政書士連合会

 福岡県行政書士会

 日本公証人連合会
 
 国民生活センター

 外務省




行政書士 良子行政法務事務所
092-725-8231

お急ぎの方は、携帯電話にご連絡
ください。
090-7399-9301


 24時間専用メール







ペットの飼主責任

集合住宅でのペット飼養注意点

ペットに関する契約書

ペットへの遺言書

インターネット通信販売について

消費者契約法とは

改正動物愛護法について

動物販売時の購入者に対する事前説明義務について

動物取扱業者の登録について

動物取扱業登録申請

動物取扱業の登録に関する規定

動物取扱業者の記録台帳作成義務

動物取扱業者の広告等の表示
規制

動物取扱業者の登録申請事項の変更届出

特定外来生物について

特定動物(危険動物)の飼養許可申請について

動物の輸入届出制度

ワシントン条約とは

動物に関わる罰則規定



官公署(各省庁、都道府県、市・区役所・町・村役場、警察署等)に提出する書類の作成・提出代理及び相談をお受けしています。

◆「権利義務に関する書類」の作成、代理、相談業務
◆「事実証明に関する書類」の作成、代理、相談業務

【営業日】   月曜日から金曜日 (土曜・日曜、祭日、GW、年末・年始は休業)
【営業時間】  午前9時から午後6時

「ご相談、業務ご依頼」の面談は、予約制となっています。 恐れ入りますが事前に電話又はメールでご予約ください。
なお、土曜・日曜、祭日、午後6時以降の面談もお受け致しますので、事前にご予約ください。
お急ぎの方は、090-7399-9301におかけください。


行政書士は、業務上知り得た事柄については、法律で守秘義務があります。どうぞご安心してご相談・ご依頼ください。



   

■□ ペット動物法務支援事務所 □■

             ペット動物法務支援事務所TOPページ





< 動物取扱業登録申請 >


「動物取扱業登録申請」

「動物取扱業の具体例」 

「動物販売、貸出し時の事前説明」
  
「動物取扱業の登録について」

「申請書」、「職員」、「動物取扱責任者」の資格とは



下記の業者の方は、平成18年6月1日から平成19年5月31日までの間に、動物愛護管理法で定められた登録をしなければなりません。 
(この期間内での、業活動は可能です。)
なお、登録申請にあたり、「申請者」、「職員」、「動物取扱責任者」には、資格が必要とされています。


◆ 平成18年6月1日より以前に動物取扱業の届出(地域によっては登録)をして、動物取扱業を行っていた業者の方。

◆ 平成18年6月1日より前から業活動をしており、改正法施行により、新たに動物取扱業の登録対象となった業者の方。

飼養施設を持たないインターネット等による通信販売業者、ペットを預かる美容業者、ペットシッター、ペット出張訓練業者、「ふれあい」を目的とする乗馬施設やアニマルセラピー業者など



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



登録申請は、書面作成・図面作成・行政への手続きなど、煩雑で相当時間がかかることがあります。
当事務所は、業者の方に代わり、動物取扱業の登録申請を行っています。
また、登録申請後、1ヵ月間は、無料で動物取扱業の業務に係る法的な問題・トラブルのご相談をお受け致します。


書面作成及び申請手数料 ・・・ 40,000円から (別途、要消費税)

福岡県(福岡市全区、筑紫野市、春日市、大野城市、大宰府市、小郡市、前原市、福津市、宗像市、糸島郡、糟屋郡)

上記以外の地域についても、登録申請をお受け致します。(日当、交通費等が生じますので、ご了承下さい。)



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



ご自身で登録申請をお考えの方へ、申請までの法務サポートを行います。 (日本全国対応)

【 サポート内容 】

 (1) 登録申請書の書き方

 (2) 添付書類の書き方

 (3) 動物愛護管理法での遵守基準等の法的アドバイス


登録申請書類は事前にご用意頂きます。
施設の図面、施設附近の地図は、ご自身で作成して頂きます。
行政の担当部署への申請手続きは、ご自身で行って頂きます。

※申請書類をご自身で用意出来ない場合は、当方から「動物愛護管理法施行規則様式の申請書類書式」をお送りするすることも可能です。 
 ・・・ 上記料金と別途に手数料として、2,000円が必要です。(別途、要消費税)



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



◆ 「販売時の事前説明書 & 確認書」 ・・・ 35,000料金円 で作成致します。 (別途、要消費税)
   (動物愛護管理法施行規則第8条第4号)

動物の販売に当っては、業者の方は、あらかじめ販売する動物について「18項目」の詳細な情報を記載した文書等を購入者に交付し、説明を行い、購入者の署名等による確認を受けることが義務付けられています。なお、この確認書は台帳に綴じて5年間保管しなければなりません。

インターネット通信販売の業者に方においても、同様の基準があります。
実務上は、HP画面上に説明事項を表示し、購入者から確認のメールを受ける。という手段が考えられます。