gyouseisyosi    ryouko‐osamu  office

福岡市中央区黒門8番13号‐501  TEL:092(725)8231        



福岡県行政書士会所属
行政書士 良子修
      (ryouko osamu)















 外国人のビザサポート

 帰化許可手続き

 遺言書作成・相続手続き

 夫婦間・男女間の問題

 ペット・動物法務

 著作権の手続き

 民事予防法務

  ・内容証明
  ・契約書
  ・示談書
  ・公正証書
 
 行政官公署への手続き

  ・古物商
  ・車庫証明
  ・会社設立、変更
  ・NPO設立
  ・動物取扱業
  ・その他、許認可申請



 日本行政書士連合会

 福岡県行政書士会

 日本公証人連合会
 
 国民生活センター

 外務省




行政書士 良子行政法務事務所
092-725-8231

お急ぎの方は、携帯電話にご連絡
ください。
090-7399-9301


 24時間専用メール







ペットの飼主責任

集合住宅でのペット飼養注意点

ペットに関する契約書

ペットへの遺言書

インターネット通信販売について

消費者契約法とは

改正動物愛護法について

動物販売時の購入者に対する事前説明義務について

動物取扱業者の登録について

動物取扱業登録申請

動物取扱業の登録に関する規定

動物取扱業者の記録台帳作成義務

動物取扱業者の広告等の表示
規制

動物取扱業者の登録申請事項の変更届出

特定外来生物について

特定動物(危険動物)の飼養許可申請について

動物の輸入届出制度

ワシントン条約とは

動物に関わる罰則規定



官公署(各省庁、都道府県、市・区役所・町・村役場、警察署等)に提出する書類の作成・提出代理及び相談をお受けしています。

◆「権利義務に関する書類」の作成、代理、相談業務
◆「事実証明に関する書類」の作成、代理、相談業務

【営業日】   月曜日から金曜日 (土曜・日曜、祭日、GW、年末・年始は休業)
【営業時間】  午前9時から午後6時

「ご相談、業務ご依頼」の面談は、予約制となっています。 恐れ入りますが事前に電話又はメールでご予約ください。
なお、土曜・日曜、祭日、午後6時以降の面談もお受け致しますので、事前にご予約ください。
お急ぎの方は、090-7399-9301におかけください。


行政書士は、業務上知り得た事柄については、法律で守秘義務があります。どうぞご安心してご相談・ご依頼ください。



   

■□ ペット動物法務支援事務所 □■

             ペット動物法務支援事務所TOPページ





< 特定動物(危険動物)の飼養許可申請について >


『 特定動物 (危険動物) 』(人の生命、身体又は財産に害を加える恐れのある動物)を飼養する場合は、飼養の許可申請をしなければなりません。
また、飼養に際してはいろいろな遵守事項が規定されています。
違反した場合は、罰則があり、場合によっては懲役に処せられることもありますので注意が必要です。


【申請先】
特定動物の飼養施設の所在地を管轄する都道府県知事(政令市市長)に申請します。
特定動物は、飼養許可証が交付された後でないと、飼育・保管出来ません。
  →→ 違反すると、6ヵ月以下の懲役又は50万円以下の罰金。


【申請の単位】
特定動物の申請は、種類別・飼養施設別に行います。
申請の「数」については、「実際に飼養・保管する数」、「飼養・保管する可能性のある数の上限」を記載します。
飼養・保管後に、「数」の上限の範囲内で、「実際に飼養・保管する数」に変動があった場合は、30日以内に届出をしなければなりません。
   →→ 違反すると、20万円以下の罰金。

飼養・保管後に、「数」の上限の範囲を超えて、特定動物が増加した場合や、飼養施設の所在地、施設の構造、規模、保管の方法に変更があった場合は、新たな許可申請が必要です。
   →→ 違反すると、6ヵ月以下の懲役又は50万円以下の罰金。


改正前の動物愛護管理法においては、各都道府県の条例でそれぞれ特定動物(危険動物)の指定が異なっていましたが、個体識別の導入や特定動物の危害防止の徹底を図るため、条例による規制から法律による全国一律の飼養許可制となりました。

なお、「外来生物法」において指定されている「特定外来生物」(カミツキガメ、タイワンザル、カニクイザル、アカゲ
ザル、タイワンハブ)は、特定動物(危険動物)から除かれています。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



《 動物の愛護及び管理に関する法律施行令 》

第1条
動物の愛護及び管理に関する法律(以下「法」という。)第26条第1項の政令で定める動物は、別表に掲げる種(亜種を含む。)であって、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律施行令別表第1の下欄に掲げる種(亜種を含む。)以外のものとする。

第2条
法第35条第6項の規定による国の補助は、収容施設、殺処分施設又は焼却施設の設置に要する費用の額のうち、環境大臣が定める基準に基づいて算定した額の2分の1以内の額について行うものとする。


● 別表の特定動物指定の判断事項と選定基準についての考え方・・・
(H12年9月13日 総理府動物保護審議会)

選定に当たっての人の生命、身体等への害を加えるおそれを判断するための動物種の特性や能力に係る事項としては、以下のAからDとすることが適当であると考えられる。

A 毒性 (動物の持つ毒素にとる危険性)
B 爪牙等による攻撃性
C 物理的な圧力 (重さと運動能力による抵抗排除力)
D 攻撃性向



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



「動物の愛護及び管理に関する法律施行例」で指定されている「特定動物」(危険動物) 別表

1.哺乳綱

(1)霊長目
◎ひと科
オランウータン属全種、チンパンジー属全種、ゴリラ属全種

◎おまきざる科
ホエザル属全種、クモザル属全種、ウーリークモザル属全種、ウーリーモンキー属全種

◎おながざる科
マカク属全種、マンガベイ属全種、ヒヒ属全種、マンドリル属全種、ゲラダヒヒ属全種、オナガザル属全種、パタスモンキー属全種、コロブス属全種、プロコロブス属全種、ドゥクモンキー属全種、コバナテングザル属全種、テングザル属全種、リーフモンキー属全種

◎てながざる科
てながざる科全種


(2)食肉目
◎いぬ科
イヌ属のうちヨコスジジャッカル、キンイロジャッカル、コヨーテ、タイリクオオカミ、セグロジャッカル、アメリカアカオオカミ及びアビシニアジャッカル、タテガミオオカミ属全種、ドール属全種、リカオン属全種

◎くま科
クマ科全種

◎ハイエナ科
ハイエナ科全種

◎ねこ科
ネコ属のうちアフリカゴールデンキャット、カラカル、ジャングルキャット、ピューマ、オセロット、サーバル、アジアゴールデンキャット、スナドリネコ及びジャガランディ、オオヤマネコ属全種、ヒョウ属全種、ウンピョウ属全種、チーター属全種


(3)長鼻目
◎ぞう科
ぞう科全種

(4)奇蹄目
◎さい科
さい科全種

(5)偶蹄目
◎かば科
かば科全種

◎きりん科
キリン属全種

◎うし科
アフリカスイギュウ属全種、バイソン属全種


2.鳥綱

(1)だちょう目
◎ひくいどり科
ひくいどり科全種

(2)たか目
◎コンドル科
カリフォルニアコンドル、コンドル、トキイロコンドル

◎たか科
オジロワシ、ハクトウワシ、オオワシ、ヒゲワシ、コジシロハゲワシ、マダラハゲワシ、クロハゲワシ、ミミヒダハゲワシ、ヒメオウギワシ、オウギワシ、パブアオウギワシ、フィリピンワシ、イヌワシ、オナガイヌワシ、コシジロイヌワシ、カンムリクマタカ、ゴマバラワシ


3.は中綱

(1)かめ目
◎かみつきがめ科
かみつきがめ科全種

(2)とかげ目
◎どくとかげ科
どくとかげ科全種

◎おおとかげ科
ハナブトオオトカゲ、コモドオオトカゲ

◎ボア科
ボアコンストリクター、アナコンダ、アメジストニシキヘビ、インドニシキヘビ、アミメニシキヘビ、アフリカニシキヘビ

◎なみへび科
ブームスラング属全種、アフリカツルヘビ属全種、ヤマカガシ属全種、タチメニス属全種

◎コブラ科
コブラ科全種

◎くさりへび科
くさりへび科全種

(3)わに目
◎アリゲーター科
アリゲーター科全種

◎クロコダイル科
クロコダイル科全種

◎ガビアル科
ガビアル科全種