gyouseisyosi    ryouko‐osamu  office

福岡市中央区黒門8番13号‐501  TEL:092(725)8231        



福岡県行政書士会所属
行政書士 良子修
      (ryouko osamu)















 外国人のビザサポート

 帰化許可手続き

 遺言書作成・相続手続き

 夫婦間・男女間の問題

 ペット・動物法務

 著作権の手続き

 民事予防法務

  ・内容証明
  ・契約書
  ・示談書
  ・公正証書
 
 行政官公署への手続き

  ・古物商
  ・車庫証明
  ・会社設立、変更
  ・NPO設立
  ・動物取扱業
  ・その他、許認可申請



 日本行政書士連合会

 福岡県行政書士会

 日本公証人連合会
 
 国民生活センター

 外務省




行政書士 良子行政法務事務所
092-725-8231

お急ぎの方は、携帯電話にご連絡
ください。
090-7399-9301


 24時間専用メール







ペットの飼主責任

集合住宅でのペット飼養注意点

ペットに関する契約書

ペットへの遺言書

インターネット通信販売について

消費者契約法とは

改正動物愛護法について

動物販売時の購入者に対する事前説明義務について

動物取扱業者の登録について

動物取扱業登録申請

動物取扱業の登録に関する規定

動物取扱業者の記録台帳作成義務

動物取扱業者の広告等の表示
規制

動物取扱業者の登録申請事項の変更届出

特定外来生物について

特定動物(危険動物)の飼養許可申請について

動物の輸入届出制度

ワシントン条約とは

動物に関わる罰則規定



官公署(各省庁、都道府県、市・区役所・町・村役場、警察署等)に提出する書類の作成・提出代理及び相談をお受けしています。

◆「権利義務に関する書類」の作成、代理、相談業務
◆「事実証明に関する書類」の作成、代理、相談業務

【営業日】   月曜日から金曜日 (土曜・日曜、祭日、GW、年末・年始は休業)
【営業時間】  午前9時から午後6時

「ご相談、業務ご依頼」の面談は、予約制となっています。 恐れ入りますが事前に電話又はメールでご予約ください。
なお、土曜・日曜、祭日、午後6時以降の面談もお受け致しますので、事前にご予約ください。
お急ぎの方は、090-7399-9301におかけください。


行政書士は、業務上知り得た事柄については、法律で守秘義務があります。どうぞご安心してご相談・ご依頼ください。



   

■□ ペット動物法務支援事務所 □■

             ペット動物法務支援事務所TOPページ





< 同物の輸入届出制限 >


輸入動物を原因とする、感染症の発生を防ぐため、平成17年9月1日から、「動物の輸入届出制限」 が行われます。

動物(哺乳類及び鳥類)等を輸入する方は、動物の種類、数量その他の事項を、検疫所に届出なければなりません。
その際は、動物毎に定められた「感染症」に罹っていない旨等を記載した、輸出国政府機関発行の証明書が必要になります。

平成17年9月1日から、「生きた陸生哺乳類」・「生きた鳥類」・「げっ歯目、うさぎ目の動物の死体」の輸入(販売・展示目的の輸入、個人のペット輸入)には、次の手続が必要です。


(1) 検疫所に、当該動物等の種類、数量等を記載した届出書を提出します。
当該動物の感染症に関する安全性について証明した「輸出国政府機関発行の衛生証明書」
を添付します。

(2) 提出された届出書、衛生証明書その他輸入車の身分証明書等の内容を審査・確認の後、検疫所から「届出受理証」が交付されます。

(3) 当該動物は、他の法令等への適合について税関の審査を受けた上で日本国内への持込が許可されます。

※ 既に検疫が行われている動物や輸入禁止の動物は、この制度の対象外です。


【既に検疫が行われている動物】
 牛、馬、家ウサギ、鶏等の家畜・・・・・「家畜伝染病予防法」
 犬、猫、アライグマ、キツネ、スカンク・・・・・「狂犬病予防法」
 一部の猿・・・・・「感染症法」


 【輸入が禁止されている動物】
 イタチアナグマ、コウモリ、タヌキ、ハクビシン、プレーリードッグ、ヤワゲネズミ、猿・・・・・「感染症法」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 衛生証明書の記載事項・・・

1 輸出国政府機関の名称及び所在地

2 輸出国政府機関の担当職員の官職及び氏名

3 発行年月日

4 発行番号

5 荷送人及び荷受人の氏名及び住所

6 輸入しようとする動物等の種類及び数量

7 輸入しようとする動物等の積出地、搭載年月日及び搭載船舶名又は搭載航空機名

8 げっ歯目に属する動物又はその死体にあっては、その出生した施設及び保管施設の名称

9 輸出しようとする動物が感染症に罹っていない旨又は罹っている疑いがない旨

※ げっ歯目に属する動物及びウサギ目ナキウサギ科以外の動物並びに鳥類の死体は、届出対象外です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


◆ 生きている鳥類についての「必要な証明内容」・・・

感染症・・・ウエストナイル熱及び高原病性鳥インフルエンザ

証明内容・・・

1 輸出の際に、ウエストナイル熱及び高原病性鳥インフルエンザの臨床症状を示していないこと。

2 出生以来飼養されていたものについては、日本国が加盟している国際機関(OIE、WHOなど)が、高原病性鳥インフルエンザの発生していないとする地域のうち、厚生労働大臣が指定する地域で、保管施設(蚊の侵入を防止するための措置が講じられているものに限る)において、過去21日間又は出生以来保管されていたこと。

3 出生以来飼養されていたもの以外のものにあったは、指定地域で、検疫施設(蚊の侵入を防止するための措置が講じられているものに限る)において、過去21日間又は出生以来係留されていたこと。