gyouseisyosi    ryouko‐osamu  office

福岡市中央区黒門8番13号‐501  TEL:092(725)8231        



福岡県行政書士会所属
行政書士 良子修
      (ryouko osamu)















 外国人のビザサポート

 帰化許可手続き

 遺言書作成・相続手続き

 夫婦間・男女間の問題

 ペット・動物法務

 著作権の手続き

 民事予防法務

  ・内容証明
  ・契約書
  ・示談書
  ・公正証書
 
 行政官公署への手続き

  ・古物商
  ・車庫証明
  ・会社設立、変更
  ・NPO設立
  ・動物取扱業
  ・その他、許認可申請



 日本行政書士連合会

 福岡県行政書士会

 日本公証人連合会
 
 国民生活センター

 外務省




行政書士 良子行政法務事務所
092-725-8231

お急ぎの方は、携帯電話にご連絡
ください。
090-7399-9301


 24時間専用メール







ペットの飼主責任

集合住宅でのペット飼養注意点

ペットに関する契約書

ペットへの遺言書

インターネット通信販売について

消費者契約法とは

改正動物愛護法について

動物販売時の購入者に対する事前説明義務について

動物取扱業者の登録について

動物取扱業登録申請

動物取扱業の登録に関する規定

動物取扱業者の記録台帳作成義務

動物取扱業者の広告等の表示規制

動物取扱業者の登録申請事項の変更届出

特定外来生物について

特定動物(危険動物)の飼養許可申請について

動物の輸入届出制度

ワシントン条約とは

動物に関わる罰則規定



官公署(各省庁、都道府県、市・区役所・町・村役場、警察署等)に提出する書類の作成・提出代理及び相談をお受けしています。

◆「権利義務に関する書類」の作成、代理、相談業務
◆「事実証明に関する書類」の作成、代理、相談業務

【営業日】   月曜日から金曜日 (土曜・日曜、祭日、GW、年末・年始は休業)
【営業時間】  午前9時から午後6時

「ご相談、業務ご依頼」の面談は、予約制となっています。 恐れ入りますが事前に電話又はメールでご予約ください。
なお、土曜・日曜、祭日、午後6時以降の面談もお受け致しますので、事前にご予約ください。
お急ぎの方は、090-7399-9301におかけください。


行政書士は、業務上知り得た事柄については、法律で守秘義務があります。どうぞご安心してご相談・ご依頼ください。



   

■□ ペット動物法務支援事務所 □■

            ペット動物法務支援事務所TOPページ




*************************************


< ペットの飼主責任 >

H18年6月1日に施行された「動物愛護管理法」では、旧「動物愛護管理法」に比べ、愛護動物への虐待や遺棄に対し、罰則が厳しくなっています。

「愛護動物」をみだりに殺し、または傷つけた者は1年以下の懲役または100万円以下の罰金。
みだりに給餌または給水をやめることにより衰弱させる等の虐待を行った者や遺棄した者は、50万円以下の罰金に処すると定められています。


【遺棄について】

単に棄てることだけではなく、置き去りも含まれます。一時的に預かった動物や飼い主のわからない動物を保護したような場合であっても、置き去りは違法です。


【愛護動物とは】

@牛・馬・豚・めんよう・やぎ・犬・ねこ・いえうさぎ・鶏・家鳩・あひるの11種類
A哺乳類・鳥類・爬虫類(人に占有されているもの)で野生のものは含まれません。
魚類・両生類は含まれません。


※ 飼えなくなった犬や猫について、代わりの飼い主が見つからない場合は「家庭動物等の飼育及び保管に関する基準や動物愛護管理法により、都道府県などに引き取りを求めることが出来ます。
しかし、これはあくまでも、やむを得ないこととしての所有権の放棄に伴う緊急避難措置とされています。

引き取られた犬や猫は一定期間(約1週間)動物管理センターなどに保管されますが、新しい飼い主が現れない場合はガスで安楽死(?)されます。猫はすぐに処分されるようです。

引き取り制度は本来の飼い主の終生飼養義務には反していますので、今後の検討課題といえます。
ちなみに、H14年度福岡市の動物管理センターで処分された犬や猫の数は4、163頭(引取り数は約3,800頭)です。

犬の殺処分はH7年度の2、297頭からH14年度は787頭と大幅に減少していますが、猫の殺処分はH7年度の5、055頭からH14年度は3、376頭。犬に比べるとまだ膨大な数です。
福岡市ではH14年1月から実験用の譲渡は廃止しています。

飼い主の方はこの現状を理解され、安易な飼育によるペットの所有権放棄・遺棄をしないで下さい。



******************************



★【 「あなたは本当に動物が飼えますか?」・・・・・JSPCAの記事から転記 】

 ここに10個の項目があります。これはJSPCAから動物の里親希望の方へする質問事項です。これらの項目に一つでも当てはまらない項目がある場合はお断りしているのです。

1:  毎日運動に連れていく時間、体力があるか。

2:  一戸建てに住んでいるか。集合住宅でも「ペット飼育可」の規約があるか。

3:  家族全員動物好きか。

4:  動物に対するアレルギーがないか。

5:  引越し、転勤の予定はないか。

6:  1日数回の食餌、トイレの後始末を10年以上かかさず続けられか。

7:  毎日の食事代、病気や怪我をしたときの治療代などお金をかけられるか。

8:  しつけ(近所への配慮)ができるか。

9:  高齢動物の介護をする心構えがあるか。

10: 不測の事態に陥ったときの受け皿があるか。


 なぜなら、・・・・・

1:  仕事が忙しくて散歩に行く時間も体力もないから里親を探して欲しい。

2:  集合住宅で秘密に飼っていたが、バレてしまったので里親を探して欲しい。

3:  家族と相談せずに衝動買いしたが、反対されたので里親を探して欲しい。

4:  動物を飼い始めたらアレルギー性の喘息が起きたので里親を探して欲しい。

5:  転勤先の社宅では動物を飼えないので里親を探して欲しい。

6:  自分が高齢で、世話が辛くなってきたから里親を探して欲しい。

7:  病気になってしまったが、治療費が払えないから里親を探して欲しい。

8:  吠え声がうるさいと近所から苦情がきたので里親を探して欲しい。

9:  痴呆症や老齢による病気になった動物の世話が大変だから里親を探して欲しい。

10: 飼い主が亡くなってしまったが、誰も引き取り手がいないので里親を探して欲しい。

 と、いう相談が絶えないからなのです。

「飼うのをやめる」ということは殺すことと同じなのです。
 ・・・・・飼う前に考えましょう。
 ・・・・・「自分は本当にペットを終生飼うことができますか?」



******************************



【 猫の実態 】

家で飼われている猫のうち9割が雑種です。拾ったのが27%・迷い込み住みついたのが24%・人からもらったのが24%・自宅で産まれたのが18%という内訳になっています。

雌猫は生後半年過ぎには、年に3〜4回仔猫を産むことができます。1回のお産で約6匹産み、仮にその半数が雌猫だとすると計算上では、1匹の雌猫が1年では80匹に、3年では約51万匹に殖えてしまいます。

飼えなくなった為に安易に捨てることが、結果、保健所などの安楽死処分に繋がるのです。事実、保健所で処分される猫の9割以上が仔猫なのです。

(第1回「人と猫との街づくりを考える」勉強会〜のらねこを巡る問題とは?〜  より一部抜粋)



【 猫についての占有者責任 】・・・安易な餌やりは禁物です。猫にとっても不幸です。

飼うつもりはなくても野良猫に定期的に餌を与えると、事実上の支配下に置くことになるため、占有者責任が発生します。

駐車場などの空地で餌やりの行為を続け、猫が他人の車を傷つけたような場合は損害賠償責任が問われます。

餌やりを途中でやめると、動物愛護管理法第44条2項「虐待」違反になり、50万円以下の罰金に処せられる場合があります。

しかし、これはあくまでも法律論としてであり、現実的には餌をやるのを止めると猫は衰弱前にいなくなる事が予想されますので、上記に該当することはないと考えられます。

また、糞尿などの被害で迷惑になっており、近隣から餌やりを中止するように要請されていたような場合は、途中で餌やりを止めても違法にはなりません。

人目を避けるため、他の場所に猫を移動した場合は「遺棄罪」にあたります。

餌を定期的にやり続け、その場所で子猫を産み面倒見きれなくなった場合は、動物愛護管理法第37条「繁殖制限」違反にあたります。不妊手術等の措置を講じなければなりません。


◆「地域猫」という言葉があります。地域の人たちが、不妊去勢手術をし繁殖制限し、餌などを与えて地域の住人全員がその地域に住みつくことを認めている猫たちのことです。
その猫たちが他人や他人の物に害を加えた場合は、地域猫を管理する者の責任問題が生じることもあります。
その場合は共同して損害賠償をする責任が生じる可能性があります。



【 ペットにかかる費用 】

生活レベルの向上で、ペットも高齢化が進み平均寿命は犬・猫ともに14歳ぐらいまでになりました。
高齢化に伴い、医療費などの出費もかさみ家計を圧迫するようになりつつあります。
特に、大型犬は生涯費用が約500万円かかると言われています。中・小型犬でも約300万円はかかります。
飼った当初は家計にそれ程負担もないと思われたのが、年を経るにつれペットに掛る費用も膨らみ、結果ペットを捨ててしまうケースも見られます。



【 ペットトラブル 】・・・ペットが嫌いな人も多数いることを忘れてはいけません。

ペットの事故は思いもよらない事で発生します。特に人に危害を加えた場合は、損害賠償も多額になることがあります。
傷害保険にはなるべく加入しておく方が良いと思われます。
近年ペットが身近になるにつれ、「鳴声」・「糞や尿の臭い」・「ゴミの散乱」・「器物破壊」などの近隣問題が多発しています。

今回、改正された「動物愛護管理法」には第7条に飼い主の法令上の義務が定められています。
他人に迷惑を及ぼさないよう動物の飼育、保管に努めなければならない、という義務です。

行政の勧告・命令に従わない場合は、同法第25条、同法施行規則第12条に基づき、20万円以下の罰金に処せられることもあります。

また都心の集合住宅でのペット飼育問題も多発しています。
ペット飼育可のマンション(分譲)も増えてきていますが、マンション管理規約でペットの飼育禁止条項があると分譲住宅では飼育は出来ません。

散歩とは本来、動物を運動させるのが目的です。
糞尿は基本的には自宅内で済ませましょう。散歩中の尿には消臭剤や水をかけるぐらいの気配りが必要です。もちろん、糞は持ち帰りましょう。

大型犬はしつけがしっかり出来ていなと、とっさに制御できないことがあり、噛み付き等のトラブルになります

公園などで散歩をさせる場合でも必ずリードは放さないようにしましょう。もしトラブルが起こったときは、飼い主の管理者責任が問われます。

犬を放しても良い場所でも、相当の注意が必要です。


■犬の鳴き声の苦情はメール相談でもひじょうに多いです。

まず原因をつきとめることです。

@何にむかって吠えているのか
A何が近くにあるのか
Bいつ吠えるのか

散歩をさせないで繋いだままの為にストレスがたまっている。家の人が留守の為に不安になる。等
遊んでほしいので甘えて吠えているのであれば、かまってやると逆効果です。吠えている間は無視して、なきやんだら相手をしてやると、理解するようになります。
庭などで飼っている場合は、外が見えないように目隠しをすると興奮しなくなります。