gyouseisyosi    ryouko‐osamu  office

福岡市中央区黒門8番13号‐501  TEL:092(725)8231        



福岡県行政書士会所属
行政書士 良子修
      (ryouko osamu)















 外国人のビザサポート

 帰化許可手続き

 遺言書作成・相続手続き

 夫婦間・男女間の問題

 ペット・動物法務

 著作権の手続き

 民事予防法務

  ・内容証明
  ・契約書
  ・示談書
  ・公正証書
 
 行政官公署への手続き

  ・古物商
  ・車庫証明
  ・会社設立、変更
  ・NPO設立
  ・動物取扱業
  ・その他、許認可申請



 日本行政書士連合会

 福岡県行政書士会

 日本公証人連合会
 
 国民生活センター

 外務省




行政書士 良子行政法務事務所
092-725-8231

お急ぎの方は、携帯電話にご連絡
ください。
090-7399-9301


 24時間専用メール





官公署(各省庁、都道府県、市・区役所・町・村役場、警察署等)に提出する書類の作成・提出代理及び相談をお受けしています。

◆「権利義務に関する書類」の作成、代理、相談業務
◆「事実証明に関する書類」の作成、代理、相談業務

【営業日】   月曜日から金曜日 (土曜・日曜、祭日、GW、年末・年始は休業)
【営業時間】  午前9時から午後6時

「ご相談、業務ご依頼」の面談は、予約制となっています。 恐れ入りますが事前に電話又はメールでご予約ください。
なお、土曜・日曜、祭日、午後6時以降の面談もお受け致しますので、事前にご予約ください。
お急ぎの方は、090-7399-9301におかけください。


行政書士は、業務上知り得た事柄については、法律で守秘義務があります。どうぞご安心してご相談・ご依頼ください。



   

     ■□ 遺言書作成・相続手続き □■





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「 相続 」というと、ほとんどの人は、遺産を分ける事と思われますが、それだけが相続ではありません。

「葬儀を行い、お墓と祖先の祭祀を継承すること」「老親を扶養介護すること」「残された配偶者の扶養」「遺産(負の財産、借金も含みます)を相続すること」などが「相続」と言います。
そして亡くなった方の最終意志を実現させる法的制度が「 遺言 」です。

「遺言は病気になってから考えよう、年老いてから考えよう。」と思われがちですが、病床や老齢時では“遺言者の意思能力”の問題で法律上、争いを生じる事も多々あります。
争いを避けるためにも、元気な時にこそ、「遺言」はすべきです。

「我が家は家庭円満」・「我が家は財産は少ないから大丈夫」・「私には遺言書など必要ない」などと思っておられる方が大半でしょう。
しかし、財産の大小に係らず相続は誰にでも必ず一度は訪れ、その時に思わぬトラブルが発生するのです。

「遺言書」があれば、その内容通り「相続」が実行されますが、もし「遺言書」がないと、遺産を処理するには、法定相続人全員の間での「遺産分割協議」が必要となります。
相続人が遠方にいる場合、行方がわからない場合等、色々なケースで協議がし難いことが多々あります。

遺産分割協議がまとまらないと家庭裁判所で決めることになり、法的に処理されます。
遺産に伴う、肉親間のトラブルはこの時に起こり易いのです。
特に、お金がからむ「相続」には、“骨肉の争族争い”も少なくありません。
現在、家庭裁判所が扱う相続事件は、年間約1万件、過去10年間では倍に増えています。その多くは「遺言書」があれば解決していたと言われています。

「遺言書」は「遺産」をめぐるトラブルを未然に防ぎ、「相続」が“争族”とならないようにする最善の方法なのです。しかし、単なる思い付きで、偏った内容の「遺言書」を作成すれば、かえって後のトラブルの原因にもなりかねません。
また、書式を誤ると無効になります。「遺言書」を書くときは充分注意する必要があります。

遺言は、本人の自由意思に基づいて行なうもので、後で変更したり取り消したりするのは本人の自由です。
遺言者が亡くなられた後、相続人の中には遺言書を偽造したり、隠したりと、いろいろなトラブルも起こる可能性があり、訴訟まで発展することもあります。

私達、法律家は「公正証書遺言」をオススメしています。
「公正証書遺言」は、公証役場で証人立会いのもと、公証人が遺言者の自由意思に基づいて作成します。
原本は公証役場で半永久的に保管しますので、遺言書の偽造、紛失の心配はまったくありません。

特に、遺言執行時によく問題になる、遺言書の偽造・改ざんなどの身内内の紛争を防ぐことができ、家庭裁判所の検認手続きもしなくてすみます。
また、「公正証書遺言」であれば、相続にかかわる官公署などへの手続もスムーズに行えます。


***********************


【 遺言の注意事項 】

※ 遺言書の日付が正確でないものは無効になります。

※ 署名は姓と名、押印は遺言者自身の印であること。

※ 自筆証書遺言書は、本人の自筆であること。(ワープロ書きは無効です。)

※ 遺言書の日付の新しいものが優先します。書き換えは自由ですが民法の定める方法で行ないます。

※ 相続人が遺言書の内容を改ざんした場合、その相続人は相続人たる資格を失います。

※ 相続人が遺言書を勝手に開封すると5万円以下の過料に処せられます。(公正証書遺言書は除く)
  
必ず家庭裁判所に提出し、検認を受けなければなりません。



【 次のような場合には遺言書があれば安心です 】

※ 夫婦間に子供がいない場合(配偶者に全財産を残そうとする場合)

※ 子供の相続に差をつけたい場合

※ 異母兄弟がいる場合

※ 先妻の子供と後妻がいる場合

※ 内縁の妻に財産を贈りたい場合

※ 息子の嫁に財産を分けたい場合

※ 孫に財産を引き継がせる場合

※ 遺言書で相続人を廃除したい場合

※ 家業維持のため、経営を単独相続させたい場合

※ 生前お世話になった人に財産を分けたい場合

※ 葬儀・法要の方法を指定したい場合

※ お墓、祖先を供養する者を指定する場合

※ ペットのために財産を遺したい場合